BALENCIAGA バレンシアガ

6 件中 6 件表示 - リセット 件のアイテムを表示中
  • 設立年 : 1918年
  • 創業/拠点 : スペイン
  • デザイナー : クリストバル・バレンシアガ
  • オフィシャルサイト : https://www.balenciaga.com/jp

バレンシアガのシンプルで完璧なシルエットは、パリのエレガンスを体現する存在に。

1918年、クリストバル・バレンシアガがスペインにて創業。 バレンシアガについて バレンシアガ(BALENCIAGA)はフランスのラグジュアリーブランド。

ウェアからシューズ、バッグなどアクセサリーまでトータルで展開している。 創業者はクリストバル・バレンシアガ(Cristobal Balanciaga)。1895年スペインに生まれる。母親から仕立てとドレスメイクを習い、独学で裁断と縫製を学ぶ。パリのスーツをリメイクした服で才能を認められ、マドリードの仕立て屋で修業。1918年、スペインのサン・セバスティアンに最初のオートクチュールハウスをオープン。

 バレンシアガのデザインはスペイン国内で高い評価を受け、2番目のオートクチュールハウスをマドリッドに、3番目をバルセロナにオープン。王室も顧客になるなど、スペインのファッション界をリードする存在になったが、クリストバル・バレンシアガは、スペインの内乱を機にパリへ渡る。

 1937年、パリのジョルジュサンク・アベニュー10番地が、クリストバル・バレンシアガのクリエイティブの中心となった。現在も同じ場所に旗艦店がある。  

バレンシアガのシンプルで完璧なシルエットは高く評価され、パリのエレガンスを体現する存在に。30年代には、クリスチャン ディオールの「ニュールック」の前身ともいえるスタイル、ウエストシェイプされたワイドスカートのスーツを発表。40年代から50年代にかけては、四角い肩に狭めたウエストラインの服や、ウエストラインを持たない「バレル・ルック」、シンプリシティを追求した「サック・ドレス」などを発表。

 特に、1955年に発表したチュニックラインと言われるスタイルはクリスチャン ディオールの「Aライン」と共に話題を独占。上着はロングトルソーで、ややローウエストでウエストは絞らず、肩から背中をゆったりと扱い、全体がストレー トなシルエットの「チュニック」はその後のファッション業界のトレンドに大きな影響を与えた。

 最初のアトリエの住所がジョルジュサンク・アベニュー10番地だったことから、バレンシアガは、1946年に初めて発表した香水を「ル・ディス(Le Dix)」と名付けた。香水は、オートクチュール同様に高い評価を受けた。 

1968年、バレンシアガはクチュールハウスを閉店し、顧客はもちろんファッション業界を大いに落胆させた。

1972年、クリストバル・バレンシアガは、生まれ故郷であるスペインにて死去。甥が事業を引き継ぐことになる。

1978年、ブランドとしてのバレンシアガは、フレグランス事業も含め、いくつかの企業に移譲され、ライセンスビジネスのみでブランドの名前を継続させた。

1986年までは、香水ブランドとして継続された。

1987年、「バレンシアガ」のプレタポルテコレクションがスタート。

1995年、ニコラ・ジェスキエールがライセンスデザイナーに就任。その後、1997年にはプレタポルテ及びアクセサリー・コレクションのクリエイティブディレクターに就任。デビューコレクションは、衝撃的な印象を残し、新生バレンシアガをアピールする。ジェスキエールはバレンシアガの伝統的なスタイルを継承し、ウェアだけではなく、バッグ、シューズでも好評を得た。

2005年、モンクレールとコラボレーションでアシンメトリーなジッパーやミリタリー系の紋章が施されたダウンジャケットなどを披露。

2009年、ジェスキエールによる初のフレグランス「バレンシアガ パリ」を発表。2011年に2作目となる「バレンシアガ パリ レッソンス」を、2013年に3作目となる「フローラボタニカ」を展開した。 

2012年11月、ニコラ・ジェスキエールがクリエイティブディレクターを辞任。同年12月、アレキサンダー ワンがクリエイティブディレクターに就任。ワンは2015年10月の2016年春夏シーズンまで、クリエイティブディレクターを務めた。

2015年、アレキサンダー ワンの後任として、ヴェトモンのデムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)が新アーティスティックディレクターに抜擢された。