ANN DEMEULEMEESTER アン ドゥムルメステール

26 件中 26 件表示 - リセット 件のアイテムを表示中

セバスチャン・ムニエについて

フランス出身のデザイナー、セバスチャン・ムニエは独自のレーベルを設立していました。ベルギーで彼自身のクリエイションを磨き、やがて「マルタン・マルジェラの右腕」の地位を確立するまでに至り、2010年からアン・ドゥムルメステールのメンズックレクションのデザイナーになりました。その後、アン・ドゥムルメステールから絶大な信頼を置かれ2013年にアン・ドゥムルメステールのディレクターに就任しました。彼のデザインは装飾的で滑らかなタッチが特徴的で、見るものを魅了する美しい服として知られています。今日のムニエの視点の先にはアン・ドゥムルメステールと言う偉大なブランドへの心からの敬意と、共に大きく発展していく未来があります。

アン ドゥムルメステールについて

アン ドゥムルメステール(Ann Demeulemeester)は、1959年、ベルギーのコートヤックに生まれ。81年、アントワープ王立美術アカデミーを卒業。彼女は同学院の初期の卒業生にあたる。
85年、夫のパトリック・ロビンとともに自身のブランド「アン ドゥムルメステール」を立ち上げる。86年、ロンドンの展示会にアカデミーの卒業生5人(ウォルター ヴァン ベイレンドンク、ダーク ヴァン セーヌ、ドリス ヴァン ノッテン、マルタン マルジェラ、ダーク ビッケンバーグ)と共に出展。「アントワープの6人」として話題を集める。
86年、ロンドンコレクション参加。1987-1988A/Wからレディース・コレクションをスタート。
91年から発表の場パリに移す。92年、パリでレディースコレクションを初めて発表。96年からレディースと共にメンズ・コレクションをスタート。同時にメンズラインもスタート。
96年、ベルギーで「Culture Award」を受賞。99年アントワープで自身のショップをオープンさせる。日本では表参道ヒルズに販売店がオープン、本国以外では初のショップ出店となった。
2005年 パリ・メンズ・コレクションに参加。
2008年 2008-09秋冬で、レディースアーカイブラインANN DEMEULEMEESTER collection blancheを発表。
2013年、アン・ドゥムルメステールが、自身のブランドのデザイナーを辞任。退任後、初となるコレクションは、セバスチャン・ムーニエ(Sébastien Meunier)を中心としたデザイナーチームが手掛けている。